歴史への関心について

人はなぜ歴史に関心を持つのであろうか。ものごとの起源を知り初心に返るためや、未来を予測するのに過去からの流れを知る必要があるという理由によるのかしれない。ここにきて、いくつか歴史に関する記述を読んで、少し違った見方のあることを知った。

 1つは、7月20日のブログに書いたように村上春樹が『猫を棄てる』に書いている歴史観である。<「我々は、広大な大地に向けて降る膨大な数の雨粒の、名もなき一滴に過ぎない。(中略)一滴の雨水の歴史があり、それを受け継いでいくという一滴の雨水の責務がある。>

 2つ目は、朝日新聞デジタル7月25日に社会学者の大澤真幸が、司馬遼太郎の作品の解説をしながら、次のように述べていること。<「司馬氏が歴史作家として本当にやろうとしたことを、僕の言葉で言うと『我々の死者を取り戻す』ということだったと思います」 「これはナショナリズムや愛国心とも絡んでくることなのですが、人間が『世の中のためによいことをしたい。公共的なことをしたい』と心の底から思うためには、『我々の死者』を持つことが必要です。『我々』、つまり自分たちの共同体のために生き、死んでくれた人々が過去にいて、僕らはその人たちのおかげで今、生きている。僕らは彼らからのバトンを受け、よりよい社会をつくっていく――。そんな確信があって初めて、私たちはこの世界に自分の居場所を得て、社会のため、他人のために生きていくことができます」

3つ目は、評論家の加藤典洋が、『敗戦後論』(ちくま学芸文庫、2015)で、第2次世界戦争で死んだ一般の日本人(兵)の供養を、韓国や中国の犠牲者への謝罪や供養と同じようにすべきと言っているのも、日本人の歴史の継続という意味であろう。

4つ目は、1932年生まれ(87歳)の寺崎昌男先生(東京大学名誉教授)が最近『日本近代大学史」(東大出版会、2020)という500頁にも及ぶ大冊の歴史書を書き下ろされたことである。<ともかく蛮勇を振おうと思ってやり上げました。このところ文字通り蔟生しつつある若手の研究にも刺激されながら、これを書いておかねば瞑目できないと思って書きました。>とおしゃっていたが、大学人として生きてきた寺崎先生の後世への熱いメッセージであろう。

このように、「自分たちの共同体のために生き、死んでくれた人々が過去にいて、僕らはその人たちのおかげで今、生きている。僕らは彼らからのバトンを受け、よりよい社会をつくっていく」(大澤)ということ自覚の為に、歴史を学ぶ意義があるということなのであろう。

カテゴリー: 未分類 | 歴史への関心について はコメントを受け付けていません。

大学の遠隔(オンライン)授業について

8月5日朝日新聞は、大学のオンライン授業について、「これが授業と呼べるのか」「友達ゼロで夏休み」「オンライン授業 憤る学生」「メンタルケアも課題」という見出しで、オンライン授業が問題であるという論調で、記事を掲載している。また今週の週刊ダイヤモンドは、大学のオンライン授業の不備と学生のオンライン授業への悲鳴を特集している。(https://diamond.jp/articles/-/244872)

これを読むと、高い授業料を払いながら、いろいろな相談を大学の教職員にもできず、大学の施設を使えず、友人も作れず、サークル活動もなく、繋がりにくいズームの授業、教科書を読んで課題に答えなさいという手抜きの授業、課題ばかり多くて、提出してもコメントもない授業、訳の分からない実験の指示など、学生のストレスがかなり高まっていることがわかる。

しかし、大学や大学教職員も努力をして、オンラインでさまざまな工夫をしている事例も多いのではないか。私は、(質問付き)講義ノートと授業資料を15回分、大学の教務のサイト(KCN)で配信して、毎回200字~1000字の質問への解答を求め、それへのコメント返すだけのシンプルな方法をとっているが、学生の学びと解答(リアクション)は、例年の教室での講義以上によいものが得られている。それは、授業資料をいろいろ工夫したせいもあるが、活字や映像(you tube)は、教室で皆と一緒に読んだり見たりするよりは、一人で自分のペースで閲覧してもらった方が、理解が深まるように思う。教室での授業では、スマホをいじったり私語をしたり友人に気を遣い授業に集中できないことが多い。

高等教育に詳しいK氏より、次のようなコメントももらっている。「学生のオンライン授業負担増はわかるのですが、大学設置基準の通り、1単位について15時間の授業と2時間の予復習では、1週45時間では、1年で35週で30単位(7.5コマ)しか取れないはずですが、従来のように多数の履修登録をしているのではないかと思われます(アメリカの場合、週2回授業では、3から4科目しか取れません)。問題は教師の方で課題ばかり大量に出して、一切フィードバックがないなど、これまでの手抜きをオンラインで続けている者が少なくないようです。学生も教師もこれまでとは異なる授業形態であることを十分に認識せず、従来の授業の延長で考えていては、オンライン教育は質が低いということを立証することになります.」

私も、大学の遠隔(オンライン)授業に関して、短いコラムを書いた(下記添付参照)。大学の授業に関しては、考え方を変える必要があるように思う。

カテゴリー: 未分類 | 大学の遠隔(オンライン)授業について はコメントを受け付けていません。

シンポジウム(「理数系教育とジェンダー」)の案内

山形大学の河野銀子さんより、彼女がコーディネーターを務めるWEBのシンポジウム(「理数系教育とジェンダー」)の案内が届いたので、掲載しておく。

カテゴリー: 未分類 | シンポジウム(「理数系教育とジェンダー」)の案内 はコメントを受け付けていません。

韓国ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(2018)を観る

今ネットフリクスで1番人気の韓国ドラマ「愛の不時着」(2019-20)のヒロインを演じているソン・イェジンが、その前に主演しているドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(2018)を、ネットフリクスでみた。これをみたのは、ソン・イェジンが主演しているという理由と、先にみた「ある春の夜に」(2019)と同じ演出家のアン・パクソンの作品ということによる。

主演のソン・イェジンは、「愛の不時着」のヒットで、今世界で一番輝いている女優かもしれない。1882年生まれで30代半ばである。このドラマは、年下の恋人(「ある春の夜に」のチョン・へインが演じている、1988年生まれ、31歳)との恋愛が主要はテーマである。ここでの二人の恋愛を阻むものは、周囲の家族で、とりわけヒロインの母親の家柄や学歴や職業へのこだわりは強烈で、見ている方は癖癖する。このドラマは、恋愛への純粋な思い(「その人と少しでもいっしょにいたい」や「その人に為なら何でもする」)を、思い出させるものであり、韓流ドラマの主流を行くもの1つなのであろう。ネットから、感想をピックアップしておく。

「たまたま観始めたら愛の不時着のヒロイン役したソン・イェジンさんが出てました」「ソン・イェジンの演技力の高さは、いかなる立場の女性をもリアルに表現していて韓国は制作も巧みな上に良い俳優がいて、基盤の強さを確信した作品」「前半幸せすぎて、色んな韓ドラ見てきた中でも一番幸せになった。ソン・イェジンの演技が上手すぎて、感情移入してしまった」「ジュニみたいな彼氏最高だ。こんなに愛されるジナが羨ましいって感情移入できるのも、ソン・イェジンの演技が素晴らしいってことかも知れない」「私はこのドラマ大好きです。ジナがお母さんに殴られてる時にジュニが庇うようにハグして心配していたシーンが忘れられません。素敵な愛だなって素直に思いました。2人の本当の愛を見ててドキドキしたし、あぁこんな風に愛されたり、愛してみたいなって思うドラマでした。2人のイチャつくシーンが最高すぎて永遠に見れます!!」「年下のジュニがほんと、ジナだけを愛していて、ここでもあんなに愛され愛する人のいるのって、超羨ましい!!って思いましたよ」「今まで見てきた韓ドラは恋愛物やけどサスペンス要素とかファンタジー要素があるものばっかりだったので、恋愛だけのドラマは初めてで新鮮でした。個人的にすっごいハマって見出したら止まらないと言うよりかは、少しずつゆっくり見れたドラマです。終始ジナのお母さんに腹立ちすぎてイライラしましたが、それぐらい出演者の方たちの演技が上手くて自然で面白かったです」「この作品は親子の愛情や、同期愛、親友との愛情など様々な愛が描かれていて、主人公に自分を投影してプリンセス気分を味わうような心地よいだけの作品ではない。傘の色で、お互いを激しく思い合う恋情を表す赤、落ち着いて愛情を育む緑、君に決めた!の黄色だったり、小物や着ている服の色で移りゆく感情を見せているような、映像の色味も美しかった。全体的にじんわり愛情を感じられるドラマだった」「私も40歳になってもこんな綺麗なお姉さんでいたいって思えるドラマでした!」「セクハラの話だって、女性なら働いてる大半の人が共感できすぎて怖いくらい。親も(この話では特に母がひたすら気分が悪くなるほどに)うるさい。ひたすらに体裁を気にして、面子を気にして、でもそれって自分のためだからね。はー、嫌な人間すぎる」「前半に沢山楽しい部分あったのに、後半のインパクトが強すぎ。お母さん怖すぎ。恐怖って感じ」「後半から大号泣。ジナには、ジュニが必要でジュニには、ジナが必要。沢山キュンキュンした。めちゃおススメ。早く2人とも結婚して!!!」「 ostも古風?な感じで珍しい」 https://filmarks.com/dramas/1374/2796

カテゴリー: 未分類 | 韓国ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(2018)を観る はコメントを受け付けていません。

教育原論 第14回 教育と差別

敬愛大学「教育原論」の第14回は、「教育と差別」というテーマ。教師は、誰に対しても公平、平等で、偏見を持たずに接する必要で、児童・生徒を差別してはならない。それは意識していない部分まで及ぶ必要がある。次のような講義ノート(添付参照)を配信し、アメリカの昔の授業だが「青い目、茶色い目」をyou tubeで、見てもらい、学生に感想を求めた。学生たちは興味をもって見てくれたようで、いい感想が寄せられている(添付参照,71名中19名の掲載)。今の学生は文章が書けないという嘆きを大学教師から聞くことが多いが、興味も持ったことに対しては、「饒舌に」語る(書く)力のあることがわかる。

カテゴリー: 未分類 | 教育原論 第14回 教育と差別 はコメントを受け付けていません。