日本における韓国ドラマブームについてー生成AIに聞く

質問―韓国ドラマの日本での流行について教えてください。日本でなぜ韓国ドラマブームが起きるのでしょうか? 3次まであったと聞いたことがあります。

回答(ChatGPT―韓国ドラマの日本での流行は、これまでに大きく3つのブームがありました。それぞれのブームの背景と、その理由について説明します。

 第1次ブーム (2000年代初期);代表作: 「冬のソナタ」-背景: 2002年に日本で放送された「冬のソナタ」が大ヒットし、ペ・ヨンジュン(ヨン様)ブームを巻き起こしました。このドラマの成功が、韓国ドラマの人気の火付け役となりました。理由: 感動的でロマンチックなストーリー、異文化の魅力、そして魅力的な俳優たちが視聴者を引きつけました。/ 第2次ブーム (2010年代初期)-代表作: 「美男(イケメン)ですね」、「花より男子」韓国版、「シークレット・ガーデン」,背景: 韓国ドラマの質が向上し、様々なジャンルの作品が登場しました。また、インターネットやSNSの普及により、韓国ドラマへのアクセスが容易になりました。理由: より多様なストーリーライン、魅力的なキャラクター、そして高い制作価値が視聴者を惹きつけました。/ 第3次ブーム (2020年代)-代表作: 「愛の不時着」、「梨泰院クラス」、「ヴィンチェンツォ」,背景: Netflixなどのストリーミングサービスの普及により、韓国ドラマが世界中で視聴可能となりました。特に「愛の不時着」は、日本でも大きな話題となりました。理由: グローバルなストリーミングプラットフォームの影響、韓国のエンターテインメント産業の成長、そして高品質な作品が視聴者の関心を集めました。

 韓国ドラマブームの理由-感情豊かなストーリーテリング: 韓国ドラマは、視聴者の感情に強く訴えるストーリーが多いです。恋愛、家族、友情など、普遍的なテーマを扱っており、共感しやすいです。 魅力的なキャラクター: 魅力的な俳優陣と、個性豊かなキャラクターが登場し、視聴者を惹きつけます。高品質な制作: 韓国のドラマ制作技術は非常に高く、美しい映像と緻密なストーリーが視聴者を引き込みます。 文化的な親近感: 日本と韓国は地理的にも文化的にも近く、共通の文化や価値観が多いため、視聴者が親しみやすいです。グローバルなストリーミングサービスの普及: NetflixやAmazon Primeなどのストリーミングサービスが、韓国ドラマを日本を含む世界中の視聴者に届けています。/ これらの要因が組み合わさって、日本での韓国ドラマブームが何度も巻き起こっているのです。

フラッシュモブ(Flash Mob)衰退の理由―生成AIに聞く

フラッシュモブ(Flash Mob)について、先の私の意見の一部も書いて「この頃は新しいものは全く見ないように思う。それはなぜでしょうか?」と生成AI(チャットGPT)に聞いてみた。。私の気が付かなかった点(新奇性の低下、安全性とセキュリティ、社会的な変化)も指摘してきて、そのバランスのいい回答に感心した。下記がその回答。

ChatGPTの回答―フラッシュモブの流行が下火になった理由について、あなたの意見にはいくつかの有力なポイントが含まれています。以下にその理由をいくつか挙げてみます。

 法律と規制の強化:公共の場所での大規模な集まりやイベントには、許可が必要な場合が多く、違反すると罰則が科されることがあります。これにより、フラッシュモブのような予告なしのパフォーマンスは実施が難しくなりました。/ プライバシーの保護:写真や動画を公開する際に、被写体の許可が必要になるケースが増えています。フラッシュモブでは、多くの無関係な人々が映り込むため、これをクリアするのは難しいです。 /新奇性の低下:フラッシュモブは一時的に非常に流行しましたが、頻繁に行われるようになると、新奇性や驚きが薄れてしまいます。人々が驚きや感動を感じにくくなると、その人気も自然に低下します。/ 安全性とセキュリティの問題:特に大都市では、突然の大規模な集まりはセキュリティリスクとみなされることがあります。警察やセキュリティ部門がこれに対して迅速に対応することが求められるため、実施が困難です。/ 社会的な変化:人々のエンターテインメントや交流の形態も変化しています。ソーシャルメディアの普及により、オンラインでのコンテンツ消費が増え、実際に集まってパフォーマンスを行うことの魅力が減少した可能性もあります。/ これらの理由から、フラッシュモブの人気が衰え、新しいものがほとんど見られなくなったと考えられます。あなたの意見は全体的に妥当であり、他にもいくつかの要因が組み合わさっていることが分かります。

昔のフラッシュモブ(Flash Mob)をみる

気が付かないうちに、社会(あるいは社会の雰囲気)は、少しずつ変化しているように思う。そのことで1つ感じるのは、(これは日本特有かもしれないが、)規則に縛られる息苦しさが増していることである。法や規則を遵守することは大切だが、それらはある目的を達成する為の手段に過ぎなかったものが、本来の目的を忘れ、手段である法や規則を遵守することが自己目的化してしまうことが、最近多いように思う。時には、目的を損なわない程度の規則違反は、大目に見るような寛容さはあっていいように思う。そのような寛容な空気は、日本社会の中で段々薄れていると感じる。。

一時、you tubeなどで、フラッシュモブが公開される機会がよくあった。この頃は新しいものは全く見ないように思う。フラッシュモブ(Flash Mob)とは、「ネットを通じて多くの参加者を誘い、街や駅、空港や公園など様々な公の場所で不特定多数の人にドッキリを行うという内容」。公共の広場や路上では、禁止事項が多く、その法律や規制が厳しく行われ、人々もその遵守に慣れっこになっている(プライバシーの保護もあり、許可のない写真の公開もできないのかもしれない)。それで、そのような場での突然のパホーマンスへの許容度は低くなり、フラッシュモブも行われなくなったのであろう。限られた場所での怒りをかわない芸能人への仕掛けが行われる「モニタリング」と、一般の人を対象にしてフラシュモブとは、スケールや質が違う。

私のブログでは、2018年10 月10日に、「秩序だった平凡な毎日の中に、少しの意外性のある出来事が起こると、人生にスパイスがふりかけられたようでうれしくなる。特にそれが、芸術性に富んだものであったら、思わず笑顔がこぼれる。そのようなものとして、Flash Mobがあるようだ。街中で、突然音楽が演奏されたり、ダンスが始まったり。全く期待していなかったことが始まり、生きていてよかったと思うのではないか。」と書いて、いくつかのフラッシュモブを紹介した。今回、下記のサイトも見て、昔を思い出し、、気分転換をはかった。

世界中のフラッシュモブ!素敵なダンス作品13連発

教師のジェンダー関連の発言について

教師のジェンダー関連の発言について生成AIに聞いてみた。以下その質問と回答。かなりまともな回答だと思う。男性教師は皆、このような自覚はあるのであろうか。

質問ー教育の場の教師の発言に関してお尋ねします。男性教師が女性や女子生徒や女の子に関教育の場の教師の発言に関してお尋ねします。男性教師が女性や女子生徒や女の子に関して、可愛い、美人だと、生徒の前で、皆にいうことは、セクハラになりませんか。特定に人に対して出なくても、女性に対して、そのような見方をするということを公言することは、教師として慎まなければならないことだと思いますが、どうですか? ポリティカルコレクトの観点からも教えて下さい。

回答(ChatGPT)

教師の発言が教育の場で適切であるかどうかについては、特にジェンダーに関連する問教師の発言が教育の場で適切であるかどうかについては、特にジェンダーに関連する問題では慎重に考える必要があります。以下はその観点からの見解です。

セクハラの可能性―教師が女性や女子生徒に対して「可愛い」「美人」といった外見に関するコメントをすることは、次の理由からセクシャルハラスメント(セクハラ)と見なされる可能性があります。①権力関係の不均衡:教師と生徒の間には明らかな権力差があります。。このようなコメントは、生徒に不快感を与える可能性が高く、特に教師からの評価が成績や学校生活に影響を及ぼす場合、その影響力は大きいです。②不適切な注目:女性や女子生徒の外見に関するコメントは、彼女たちが見た目で評価されていると感じさせる可能性があります。教育の場では、生徒が学業や人格、努力に対して評価されるべきであり、外見についての言及は避けるべきです。③セクハラの基準:セクハラは相手がどう感じるかが重要であり、発言者の意図に関わらず、受け取る側が不快に感じたり圧力を感じたりする場合、それはセクハラとなり得ます。

ポリティカル・コレクトネスの観点―ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)とは、特定のグループや個人に対して偏見や差別を助長する表現を避け、尊重と公平性を保つことを目指す考え方です。この観点から、以下の点を考慮すべきです:①公平性と尊重:教師は全ての生徒に対して公平で尊重ある態度を示すべきです。特定の生徒や特定の属性(例えば外見)に焦点を当てた発言は、他の生徒に対する不公平感や、対象となった生徒に対する過剰な注目を引き起こす可能性があります。②教育的影響:教育の場での発言は、生徒の価値観や行動に大きな影響を与えます。性別や外見に関するコメントは、ジェンダーに基づくステレオタイプを強化し、生徒が他者を評価する際に外見に重きを置くことを学んでしまう危険性があります。③プロフェッショナリズム:教師は専門職としての倫理観を持ち、教育の場では特に慎重な言動を心がけるべきです。生徒の自尊心や学習環境を尊重し、外見に関する言及を避けることで、健全な学習環境を維持することが求められます。

結論―女性や女子生徒に対して「可愛い」「美人」といったコメントを教育の場で行うことは、セクハラと見なされる可能性が高く、またポリティカル・コレクトネスの観点からも不適切です。教師としては、全ての生徒に対して公正で尊重ある態度を示し、外見ではなく学業や人格に焦点を当てた評価を行うことが重要です。

佐倉の風車のひまわりガーデン行く

夏の花といえばやはりひまわり。うちの庭にも植木鉢に植えた種から3メートルにもなるヒマワリが育ち、日に日に花も大きくなっている。今日は、家から車で30分の所にある佐倉のふるさと広場に、ひまわりの群生を見に行った。そこは春はチューリップ、秋はコスモスがたくさん植えられて、見学と花の摘み取りに行くところだが、夏の短い期間、ひまわりが植えられ、夏を感じることができるところ。ホームページには下記の紹介がある。

<夏の佐倉ふるさと広場では、ひまわりに情熱を注いだことで知られるオランダの画家、フィンセント・ファン・ゴッホにちなんで命名されたひまわりの品種「ビンセント」、約1万5千本が咲きそろいます。佐倉ふるさと広場のランドマークであるオランダ風車「リーフデ」と、夏の青空を背景に、印旛沼のほとり一面に広がる美しいひまわりガーデンを、ぜひお楽しみください!

https://www.city.sakura.lg.jp/soshiki/sakuranomiryoku/event_kanko/3597.html>

KODAK Digital Still Camera